ARTで、共同体感覚をつける!

🤠共同体感覚とは、人間は一人では生きていけない
から、皆が協力しあっていい関係を作ろう という
精神科医 アルフレッド アドラー氏の考え方です。

共同体感覚を育てるには、自分を信頼出来ること
が基礎になります。🌸
自己信頼 肯定感 にあたるものですね。
「ぼくは大丈夫!」「私は大丈夫!」と胸を張って
生きているでしょうか?

🤔子どもたちと接していると、
ちょっと難しいことや、出来ないこと、
嫌なことがあると、すぐに諦めて
しまったり、やる気を失ってしまう
場面が多いなぁと感じます。
例えば作品作りにおいて、
「こんな風に作ります」と、出来たものを見せると、
どうやって出来ているのか?
何を使って接着しているのか??
想像して形にすることが難しいのです。

🙀日常においても、壊れてしまった玩具、
どうやったら直せるのか?
壊れてしまったら使わない。
このようなさみしい、場面が多いなぁと感じます。
皆さんはいかがでしょうか?

🍀私はこのような感覚は、
少し怖いなぁと感じています。
なぜなら、もし、自分のこれまで出来ていたことが
出来なくなったり、壁にぶつかった時に、
感じて、考えて行動することが
出来なくなってしまうのでは?と思うのです。

🍀日常の些細な事かもしれないけれど、
今後 子どもたちにとって
大切な感覚ではないでしょうか?

😊この自己信頼を育てるために、
子どもたちへの言葉作品作りを通して、
考えたり、工夫したり、想像して
完成させることを大切にしています。
親子で励まし合いながら、
力を合わせて制作するこの過程は、
子どもたちにとって 今後の大きな力になると信じ
ています。
🌈自分で作るという体験を通して、
身の回りの物事を大切に出来るようになり、
自分を信じる力が育って、
他者への信頼へと共同体感覚へと
繋がるのだと思います。

会話から生まれる回文と信頼

こんにちは。空架です。
今日は、子どもとの何気ない日常会話の中に
宝が沢山あると言う気づきです。

親子で回文を考えてみる!宿題にまつわる
夕飯時の日常会話より。

回文とは、「まさかさ、文全部、さかさま! 」
のような上から読んでも下から読んでも同じ文になる
画期的な文のこと。

👦「トマト、しんぶんし、ミミ 、」
🙎🏻‍♀️「うーん そうなんだけどもうすこし
長い文にしたい。」
👦「ねこのこね」
🙎🏻‍♀️「あーそんな感じ!」
👦 「イカスイカ、かようかよう、、
いるかいるか、ぶどうひとつぶどう
わにがわになる」
🙎🏻‍♀️ 「どんどん出るね、でも、ダジャレになってる。」
👦「め 、 て、 」
🙎🏻‍♀️「みじかーい!」
👦 「 ひひひ」
🙎🏻‍♀️「笑ってもだめ。」
👦「 ままがわがまま」
🙎🏻‍♀️「 はっ うまい!」
🙎🏻‍♀️「 わたしまけましたわ!」
🙎🏻‍♀️「なんか、コントみたいに
なってきてない?」

👦「くさばなはさく 」
🙎🏻‍♀️「 あぁ いいね!綺麗!」
👦「いろしろい」
🙎🏻‍♀️ 「うんうん」
👦「 よくきくよ」
🙎🏻‍♀️ 「 うんうん」
👦「よわいわよ」
🙎🏻‍♀️「 なんかちょっと、、病気っぽい。」
👦「 スマートなトーマス」
🙎🏻‍♀️「 痩せた?やっぱり病気?」
👦「よるせみみせるよ」
🙎🏻‍♀️「やめてー! 」
👦「カブもサナギだ」
🙎🏻‍♀️「 それ我が家のカブト虫ね!」
(最近サナギになりました。)
👦「やせましたいかがいたしませや」
🙎🏻‍♀️「どっちサナギ?回文 ??おしいかんじ。」
👦 「 かなしいかな」
🙎🏻‍♀️「 うーん おしいかな。」
👦「おなかすいたかな」
🙎🏻‍♀️「うーん おしいかな。」
👦 「 ほんとうにすいた」
🙎🏻‍♀️「あらごめんなさい。もう出来るよ」
👦「イカたべたかい?」
🙎🏻‍♀️「あっ 出来たね!回文」
👦 「くさってもたい」
🙎🏻‍♀️「それ、 ことわざ!」
👦「 おなかすいたー」
👦「 あれ食えよエクレア」
🙎🏻‍♀️「言葉がちょっとね〜だけどエクレアうまい!」
👦「うまがうまい」
🙎🏻‍♀️「 馬刺し!」
👦「たぶんすぶた」
🙎🏻‍♀️「えっ?ん、違うけど、なんか出来そう!
夕飯出来たよ!」
👦「てっかどんこんどかって」
🙎🏻‍♀️「 出来てる!」
👦「たぶんぶた」
🙎🏻‍♀️「マグロだよ!どっち夕飯?回文!」
🙎🏻‍♀️「 そう、そう! 豚肉! 焼肉で良い?? 」
👦 「かなしい品か。」
🙎🏻‍♀️「かなしいってやめてー!」

夕飯時の紛らわしい会話から面白い
回文が生まれ、子どものやっていることに
興味を持ってみることで、深い信頼関係へと
繋がるのではないかと思うのです。

子どもと大人の本気のじかん

子どもの生きた体験が表現に結びつきます。
小さな発見や、感動が 子どもらしい
作品に生まれます。
大人は、子どもの作品作りのプロセスに
多くの気付きや、発見を観るでしょう。
大人と子どもが本気で向き合い、育ち合う
じかんが、豊かな信頼関係を育てるのですね。

お友達や、世代を超えた関わりの中で
作り上げて行く 、それいいね!どうやったの?
何気ない会話が、子どもたちにとって、
自信になったり、次の発見に繋がって、
言葉に出来ない気持ちが作品を通して
見えてくるのです。

子どもは、全てを言葉で表現出来ません。
私たちは、どれだけ子どもと向き合っている
のでしょう。
今日 目と目を合わせて笑いあいましたか?
何を発見して、何に怯えていたか?知って
いますか?

自分が嬉しいから上手くいく!

😊好きな事や、やりたい事は、少々辛くたって、
ケガをしたって どんどんやってしまいませんか?
哲学者 アランは、心とからだは繋がっていて、
成功するから嬉しいの逆、嬉しいから成功する!
のだと言っています。🤔
子どもたちを見ていると、好きな事は どんどん
研究したり、遊んだり、もう止まらないですよね。
だから上達するし、それに特化して詳しくなったり
します。😁
自分のやる気に合わせて、IQもupするんですね。
じゃあもし、興味のない事や、やりたくない事を
やらせてしまうと!
それは伸びないばかりか、嫌いにさせてしまう事も😖
高い習い事をしていたら、
ムダなお金を払うことになってしまうのだ!!

😵じゃあどうやって嫌いにさせずに、
やらせたら良いのだろう?
😤やりたい事だけやらせていても良いの?
⬇️⬇️
そんな悩みをぐるぐるでは、解決して行きます。
子どもたちの姿を見て 一緒に考えてみましょう!

気づきを得る子育てとは、日頃のふとした
悩みを 潜在意識を通して解決して行きます。

子どもに憧れる親 子どもに憧れられる大人でありたい。

子どもの幸せを考えるとき、自分が幸せであることが、
大切なんじゃないかなぁと思います。(^ν^)
親の私が、つまらない毎日だったら、子どもは
大人になりたいと思うのだろうか??🤔

そして 自分が幸せであるということは、自分の事も
大切に、家族の事も思えることなのかなぁと思うの
です。🍀
子どもに憧れる親でありたいというのは、
日々の生活の中で、子どもの発見を
一緒に喜べる親でありたいという事。🤩
自分に余裕が無くなってしまうと、難しい事ですが、
親子アートを通して一緒に お絵描きや作品を作って
いると、子ども発想力に関心してしまいます。😳
こんな時は、
本当に心から子どもに憧れてしまいます。
😍😍😍
そうして、この関係の良いところは、
お互いが心地良い
じかんを過ごせることです。
子どもを心から信頼して、共感出来た時、
どんな言葉をかけるよりも、
伝わるなぁと思うのです。👍
😊ガミガミ子育てから サヨナラ出来るのです。

子どもの心が穏やかであるとき、
自分のなりたいイメージや
目標を 自分でどんどん絵描くようになります。💡
大きな夢をどんどん絵描くと、
どんどん近づいて行くので
すね。
そういえば私は、👩‍🎨
小さい頃 シャガールの色のカクテルの
ような絵に憧れて、
絵を描く人になりたいと思っていたのだけど、
相変わらずずっと 絵を描く人をやっています。笑

そして我が息子は、
🐵豊臣秀吉に憧れているようなのだけど、
どこが良いの?と聞いてみたら、
🧠頭を使って無駄な戦いを🌎せずに、
みんなを幸せにしようとしているところ!
なんだそう。すごい返事が返ってきて
びっくりしてしまいました。
どんな、大人になるんだろうね。

子どもたちって、大人が考えている以上に、すごいことを
思っていたりして、私はいつも子どもたちに 学ぶことの
方が多いなぁと思うのです。🌎

そんな子どもたちの絵描く夢を 応援して、背中を押して
あげられる サポートをすることが 親の役割なんじゃ
ないかなぁ。🌈
だってどんなに大成功していても、それが本人のやりたい
事と違ったら、それは本当のシアワセなんだろうかって。ね。

6月4日15時30〜太鼓を作って遊ぼう!募集中

「ねぇ、音って作れるの?」

「音ってどうやって作るんだろうね?」

 
🤔30日は、そんな子どもたちの疑問から生まれた工作
をしますよ。
🐣自分のアイデアを形にしたり、自由に色を付けて、
自分の音を想像して、どんな音が完成するのでしょ
う! 想像するとワクワクしますね。
子どもたちの作品には、いつも驚かされてしまい
ます。
☹️ついついこんな風に描く、決まった色を塗るとと、
やってしまいませんか?

🙌こう塗りたい!こんな風に描きたいと、自分の
考えを自由に表現する子どもたち。
自分の考えを持つ、伝える姿勢って、とっても大切
なんじゃないかなぁと思います。
💡☝️もしかしたら、すごい発見かもしれないのに、
思うように伝えたり、表現出来なかったら、
その可能性を潰してしまうかもしれませんよね。

子育て中のお母さん
時間どおり家事をして!大人なんだからちゃんとし
なくっちゃ!怒っちゃダメ!自分のことはいいや。

そんな風に頑張り過ぎたりしていませんか?
私もやってしまいます。
頑張って、怒って、自分反省してって 。

でも 本当にそうなんでしょうか?
大人だって大変だし、完璧にこなす事は、子ども
の為になるのでしょうか?
子どもたち、そんなこと望んでないかもしれません

枠にとらわれない発想は、私たち大人にこそ
必要なのかもしれませんね。
子どもたちの作品は、いつもお母さん大好きの
メッセージでいっぱいなんです。

大人と子どもの心通う作品制作の中に、大切なもの
があると思うのです。(*^o^*)

親子で描く!友達と描く!信頼upのじかん。

お絵描き教室 ぐるぐるの木
親子アート作品

🐧こちの作品は、鳥をテーマに、子どもと大人が一緒に
描いた作品です。
エネルギーの満ち溢れた、色使いですよね。
上に重ねられたり、となりに描いてみたり、自分だけで描く
のとは違う面白さと気づきがあります。

🍀大きいようで小さいこの画面は、社会をあらわします。
お互いを尊重しながら描く子、自分の思いをぐんぐん
描く子。
みんながいると安心して描けなくて、隅っこに
丁寧に小さく描く子。
お友達を真似して描く子。

😆大人の社会とどこかにていませんか?

お互いに良さを受けいれて作品という思いを共有
していくと、みんなが大切でみんながチームなんだ
って気付かされます。🤔

私たち親は、いろいろな場面で現れる我が子の特性
に気づきながら、思いに寄り添っていくことで、
将来の関係を作って行くのでしょう。

思いきりも冷静さも!
みんな大切。👍

「〜ちゃんが来て、😅
ここ消えちゃったんだけど、なんか綺麗。」

自分だけでは、こうならない、発見!💡

「えー!そんな風にぬるの?やってみる〜!」

お互いを尊重して、受け入れられる力は、😃
こうした活動から生まれるのかもしれませんね。

活動のようすはこちらからも!
https://m.facebook.com/kuukakuuka/