失敗や目標に向かう過程が宝物!

🤢上位の成績をとらなければ!良い結果を出す!
確かに、良い結果が伴うと、それは喜びであり、
自信に繋がります。
🤕でもこれが当たり前になって、こればかりを
求めてしまうと、出来なかった時の挫折が
大きく、自分をダメだと思う気持ちが生まれ
ます。
常に劣等感が消えない、満足が得られない子
を育ててしまいます。😨
常にトップでいることは、プレッシャーに
なってしまうかもしれませんね。

🤔それに、一番でいることが、本当に良い事なの
でしょうか??

😉私は失敗しても、前へ向かう過程にこそ、
大きな学びがあるのではないかと思うのです。
失敗しても挑戦出来るということは、
それだけ、自分を信じて、していることが
好きなんだと思うのです。😘

する事が喜びだから、結果が全てではなく、
次へ次へとさらに挑戦出来るのだと思います。

子どもたちと、作品作りをしていると、自分の
思う形に出来ないと、壊したり、辞めてしまう
場面に出会います。😈
まさに結果を出そうとしてしまうのかもしれ
ないですね。
作品作りで気付いたことは、🧐
創作は自分の思うようにいかないから面白いの
です。
ハプニングを取り入れて、自分が楽しむ
過程が、🤨葛藤が作品となり、自分でも
予想しなかった作品との出会いが🤩
感動に繋がるのだと感じます。

この前向きに挑戦する心が育った子は、
きっと何をしても自分の夢へ進み
いつのまにか ゴールへ到達していることに
気づくのだと思います。
子どもたちが、前へ前へと向かえるよう
失敗を成功への入り口だと 捉えられる
アートの場で、思い切り表現出来るように、
結果を求めすぎない場を大切にしたいと
思います。🍄
そして、保護者の方々と模索し、素敵な
言葉がけを共有できたら嬉しいです。

投稿者:

kuu-ka

絵描き 2児の母 子どもの絵をだめにしないかかわり方 お絵描きの楽しみを伝える活動をしています。詳しくはこちらへ http://kuuka.crayonsite.net/