会話から生まれる回文と信頼

こんにちは。空架です。
今日は、子どもとの何気ない日常会話の中に
宝が沢山あると言う気づきです。

親子で回文を考えてみる!宿題にまつわる
夕飯時の日常会話より。

回文とは、「まさかさ、文全部、さかさま! 」
のような上から読んでも下から読んでも同じ文になる
画期的な文のこと。

👦「トマト、しんぶんし、ミミ 、」
🙎🏻‍♀️「うーん そうなんだけどもうすこし
長い文にしたい。」
👦「ねこのこね」
🙎🏻‍♀️「あーそんな感じ!」
👦 「イカスイカ、かようかよう、、
いるかいるか、ぶどうひとつぶどう
わにがわになる」
🙎🏻‍♀️ 「どんどん出るね、でも、ダジャレになってる。」
👦「め 、 て、 」
🙎🏻‍♀️「みじかーい!」
👦 「 ひひひ」
🙎🏻‍♀️「笑ってもだめ。」
👦「 ままがわがまま」
🙎🏻‍♀️「 はっ うまい!」
🙎🏻‍♀️「 わたしまけましたわ!」
🙎🏻‍♀️「なんか、コントみたいに
なってきてない?」

👦「くさばなはさく 」
🙎🏻‍♀️「 あぁ いいね!綺麗!」
👦「いろしろい」
🙎🏻‍♀️ 「うんうん」
👦「 よくきくよ」
🙎🏻‍♀️ 「 うんうん」
👦「よわいわよ」
🙎🏻‍♀️「 なんかちょっと、、病気っぽい。」
👦「 スマートなトーマス」
🙎🏻‍♀️「 痩せた?やっぱり病気?」
👦「よるせみみせるよ」
🙎🏻‍♀️「やめてー! 」
👦「カブもサナギだ」
🙎🏻‍♀️「 それ我が家のカブト虫ね!」
(最近サナギになりました。)
👦「やせましたいかがいたしませや」
🙎🏻‍♀️「どっちサナギ?回文 ??おしいかんじ。」
👦 「 かなしいかな」
🙎🏻‍♀️「 うーん おしいかな。」
👦「おなかすいたかな」
🙎🏻‍♀️「うーん おしいかな。」
👦 「 ほんとうにすいた」
🙎🏻‍♀️「あらごめんなさい。もう出来るよ」
👦「イカたべたかい?」
🙎🏻‍♀️「あっ 出来たね!回文」
👦 「くさってもたい」
🙎🏻‍♀️「それ、 ことわざ!」
👦「 おなかすいたー」
👦「 あれ食えよエクレア」
🙎🏻‍♀️「言葉がちょっとね〜だけどエクレアうまい!」
👦「うまがうまい」
🙎🏻‍♀️「 馬刺し!」
👦「たぶんすぶた」
🙎🏻‍♀️「えっ?ん、違うけど、なんか出来そう!
夕飯出来たよ!」
👦「てっかどんこんどかって」
🙎🏻‍♀️「 出来てる!」
👦「たぶんぶた」
🙎🏻‍♀️「マグロだよ!どっち夕飯?回文!」
🙎🏻‍♀️「 そう、そう! 豚肉! 焼肉で良い?? 」
👦 「かなしい品か。」
🙎🏻‍♀️「かなしいってやめてー!」

夕飯時の紛らわしい会話から面白い
回文が生まれ、子どものやっていることに
興味を持ってみることで、深い信頼関係へと
繋がるのではないかと思うのです。

投稿者:

kuu-ka

絵描き 2児の母 子どもの絵をだめにしないかかわり方 お絵描きの楽しみを伝える活動をしています。詳しくはこちらへ http://kuuka.crayonsite.net/